食えない奴。

勿論、色んな奴がいる。
そんな事は百も承知だ。

しかしそいつは「やはり」食えない奴だ。

仕事の、しかも一時の付き合いだからいちいち取り上げるまでもないが
そいつは「食えない奴ランキング」上位に食い込む。

どんな奴か。

変なタイミングで、言わなくてよい嫌味をさらっと笑みを浮かべて発する。
どうかしている、が、恐らくそいつはそれに気づいていないのがまた食えない。

相当人生の先輩だがこれがなかなかのものだ。

ちょくちょく仕事の付き合いがある、少しだけ人生の先輩にもこんな奴がいるが、
いまのところこの二人はランキング、1位、2位。

「つける薬がない」など、よく言ったものだ。

と思いつつ、鏡としてこちらも重々そうなってはいないか気を付けよう。

午前4時。

こんな時間に目が覚めて、こんな事を思い出して書く自分にも少々嫌気が。。

さて、二度寝後に何を想うか。
爽やかな朝を願う。
スポンサーサイト

あの頃の「こころ」に戻れ。

今日は子どもが通う小学校の運動会だった。

来年、新一年生になる子や一年ごとにたくましくなる一年生から四年生、
そしてさらに強さとしなやかさを身につけた五、六年生たち。

その「こころ」はその年齢で多少異なるものの、芯の部分は純粋で、仲間や先生、家族、地域を大切に想う
透明で美しいものだと感じた。

歳のせいか、緩む涙腺に気付いたとき、ふと大人たちのふるまいに寂しさを感じた。

ミサイルなどの開発、挑発を繰り返すかの国、年齢的に大先輩であるはずの強国の代表者の言動、
そうすることの説明がつかない野合の動きや信用されない国政復帰を否定する言葉。
そして憲法。。

「透明で美しいこころ」たちがそれらを質してきたその時、
今挙げたすべての当事者たちは、果たして納得させられる説明ができるか?

絶対に不可能だ。

最後の「憲法」については、私も含め、投票権者すべてが当事者だが、御多分に洩れずだ。

法、秩序、正義、イデオロギー...。

「・・・こころ」を持つ子どもたちに堂々と語り、説明できる社会を実現する、
また、実現にしばらく時間がかかるのなら、それに向かって全力で取り組み、
何度でも立ち上がる姿を見せ続けることが何より大切ではないか。

運動会。

実に素敵な学校行事である。



それは涼しさのせい。

もはや「久しぶり」とはほど遠い記事。



ミサイル。。


そんな事やめてブログでも書けば?

この私もまた書こうと思ったのだから。


それは涼しさのせい。

インフルからの帰還。

帰還したのは私ではなく。。

家人BとC。

(※ここでブログにちょいちょい登場する家族を紹介)
「家人A=妻」「家人B=長男」「家人C次男」「家人D=長女」

(「家人D]って、一人増えてる!  って気づいた方、するどい。。)


で今シーズンは家人Cが最初に発症、二週間前に帰還。
次いで家人Bが一週間ぶりに帰還した。

今年はなかなかの流行具合らしい。
よく家人Dが感染しなかったものだ。(まだ油断ならんが・・・)

全員が予防接種をしていたせいか、家人B、Cも症状がそれほどでもなかった。

ただ、私自身も「ん?ひょっとしてインフル?」と思うほど体調不良な日もあり。。。

インフルやノロなど、やっかいなヤツらが調子に乗るこの季節、
皆様も用心なされよ。

トランプとメディア考。

トランプさん、
CNNやニューヨークタイムズ、ワシントンポストなどがお嫌いのようだ。

なんでも、
「野党と同じだ」と。

そりゃそうでしょ、報道機関は強大な権力をチェックするのだから。
強いて言えば、「野党」とはチェックの意味合いが異なるが。。

報道機関からの厳しい目を煙たがる、だけでなく攻撃する。
権力⇔監視(国民に知らせる)という当たり前の構図が嫌というなら
強大な権力を持つ大統領になどなるべきでない。

尤も、彼の言う通り、名指しされている報道機関が「虚偽報道」をしているなら話も違ってくるが、
虚偽という根拠も示すべきで、真実はこうだ、と具体的に発信すべきだ。

一方、報道機関も安易な報道に陥ってはいけない。

IT技術の発達で取材活動が大きく変化する中、
記者のレベル低下が指摘されて久しい。
報道の自由、知る権利に貢献する誇り高き使命を果たしてほしい。

「報道」のキーワードと言えば、ずっと気になっていたことを一つ。

よくネット上で、マスコミを批判して「マスゴミ」と表現されることがある。
確かにそう言いたくなる気持ちも理解できないでもない。

ただ、マスコミをひとくくりにして「ゴミ」とは何ぞや。

確かに呆れる内容と言い方、書き方で発信しているところもある。
しかし全体を否定するようでは、どの世界もトゲのあるカサカサした場所でしかなくなる。

権力者も報道機関も、市民も、
適度な「品格」を捨ててしまってはいけない。






プロフィール

Draw one's sword

Author:Draw one's sword
//////////////////////////////////////////
■私?名乗る程のことは・・・

■ブログタイトルはリレー小説、
「~花びらの
   落ちる先に~」に由来。
 (物語が進めば明らかに)

■リレー小説blog=
「Millor Of The Fountain」

■営利目的以外なら
    どなたでもブロともに。

■すべての子どもが安心して
    暮らせる未来のために。
     
  

SOF Count
最新記事
夜更かしするなら・・・
リンク
ブロとも一覧

燕な生活、時々スプーン

Mirror Of The Fountain
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR
検索フォーム
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック